2017・08
<< 1/2/3/4/5/6/7/8/9/10/11/12/13/14/15/16/17/18/19/20/21/22/23/24/25/26/27/28/29/30/31/ >>
--/--/-- (--) スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |


2006/08/15 (Tue) 終戦記念日

すいません、この話題に触れておきたくなったので、
またよそ様の話題に便乗させて頂きます・・・
すいません、コメント返信は後ほど・・・

つーか、昨日は酔っぱらっててすいませんでした(笑)
今日は午後から用事です。

以下、嵐とは関係ないよー。
もうね、先に謝っとく!!自分語りだからごめんね。

私が初めてきちんとこの戦争を調べたのは、
高校の時だった。

私が通っていた学校では高校1年の時に、
社会科小論文、原稿用紙50~60枚ほどの論文を一年間かけて
書くことになっていた。
個々で好きなテーマを選び、
担当の先生を自分で選び、
何度も直しを入れながら一年間かけて論文を書いてゆく。

テーマは歴史、倫理、地理、公民なんでもよかったのだが、
その年は戦後50年の節目の年であったため、
戦争関連のいろいろな文献を貪った結果、
私は『人間魚雷「回天」』というテーマを選んだ。
人間魚雷「回天」は、太平洋戦争の末期、
“天を回らし、戦局を逆転させる”という願いを込めて
誕生した特攻兵器だ。
(余談だが「回天」の他に特攻ボート「震洋」、
特攻ロケット「桜花」というのもあった)

若気の至りとは恐ろしく、防衛庁まで紹介状を書いて頂いて伺い、
当時の貴重な資料を分けて頂いた。
頂いたいくつかの資料の中で、回天が戦場で活躍できるかどうかの
テスト走行を行った結果、沈没事故にあい、
3日間小さな潜水艦の中に閉じこめられたまま四国の内海で
亡くなった一人の兵士の遺書が私の目をひいた。

酸素が薄くなる中、潜水鑑の壁に自らの血文字で書かれた遺書には、
ただただ残していく家族を案ずる思いと天皇陛下万歳の文字があった。

その遺書を見た時私は初めて、戦争を
第二次世界大戦という机上の事件としてだけではなく、
その中にいた沢山の個人を含めた痛ましい事件として認識したのだと思う。

大学に入り、戦争責任について考察する授業をとった。
西尾幹二氏の「国民の歴史」や小林よしのり氏の「戦争論」を読んだ。

日本だけが悪いのか?
原爆投下に必然性はあったのか?

様々な議論が飛び交う中、私はいつもぼんやり思っていた。

誰のせいでも、そこに必然性があってもなくても、
沢山の血が流れたことを忘れてはならない。

思想を持つ余裕もなく、
目の前に置かれた戦争という巨大な壁に阻まれて、
なすすべもなく亡くなった沢山の人がいることを忘れてはならない。

その思いは、あの遺書を読んだ高校の時から
きっと変わっていなく、戦後61年目の今日まで続いている。

ある人は、
61年前の夏に、ギラギラと輝く太陽の下で、
汗を流しながら道に咲く小さな花に微笑んみながらも、
その花を倒し防空壕へ必死に走っていたのかもしれない。

またある人は、
たった一枚の赤紙に決められてしまった人生に
そっと枕を濡らし、万歳の嵐の中で孤独を感じていたのかもしれない。

この戦争で亡くなった人沢山の人は、
好きな食べ物や将来の夢、かわいい子供等、
私達が感じるような些細な幸せをいくつも持っていた。

誰のせいでも、どんな責任があっても、
国と国の関係をどんなに騒いでも、
その国を作っている沢山の国民がこの戦争で亡くなった。

私はただの国民だ。
だからこそ、61年前に犠牲になった
その当時のただの国民の方々を一番に悼みたい。

この先、何年たってもこの思いは忘れたくない、
そんな風に思います。

スポンサーサイト

日記 | trackback(0) | comment(0) |


<<はっはーい! | TOP | 花より男子。>>

comment











管理人のみ閲覧OK


trackback

trackback_url
http://stormsunshine.blog65.fc2.com/tb.php/160-71057141

| TOP |

profile

楓

Author:楓
2004年から嵐ファンの楓と申します。
北海道在住。
一応イチオシはニノですが、5人全員が好きです。
お友達募集中ー。お気軽にコメント、メール下さい!

counter

news entry

comments

category

mail

名前:
メール:
件名:
本文:

DRECOM

FC2ブログランキング

FC2 Blog Ranking

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ARASHI PEOPLE

trackbacks

search

RSS field

link

当ブログはリンク登録、ドリコム登録フリーです。 報告は任意で結構ですが、コメントなどで報告して頂けると、喜んで遊びに行かせて頂きます!

このブログをリンクに追加する

QR

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。