2017・08
<< 1/2/3/4/5/6/7/8/9/10/11/12/13/14/15/16/17/18/19/20/21/22/23/24/25/26/27/28/29/30/31/ >>
--/--/-- (--) スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |


2006/08/02 (Wed) アオゾラペダル

曲の感想です。
個人の解釈で語ってますが、
良かったら読んでやって下さい。

この曲の歌詞がすごく好きで、
どうしてそんなに切ないんだろう?ってぼんやり考えていて・・・

そして、以下は、考えながら思ったことです。




いくつもの夏の思い出。

田舎のおばあちゃんの家に泊まりに行って、
スイカを食べて、クーラーのない畳の部屋で、
風鈴の音を聞きながら眠った夏。

予備校の夏期講習に早朝から通って、
電車の中でもひたすら単語帳をめくって、
照らされる夕日の色に少しだけ癒された夏。

彼氏と海に行って、思いっきり遊んで、
笑顔ではしゃいだ夏。

生きて、年を重ねるごとに、
思い出ってどんどん上書きされていく。

だんだん、
悲しみややりきれなさや苦しさを伴ったリアルな現実だった夏が、
思い出というベールに包まれて、キレイに浄化されていく。

(以下、反転)

「明日を眩しいくらいにうまく描こうとして
僕らはキレイな色を塗りすぎたみたい」


アオゾラペダルでは、
遠ざかっていくいくつもの夏の景色を歌ってるように聞こえる。

思い出はキレイになる。
失恋も裏切りも・・・
辛くて思い出す事さえ出来なかった夏の景色も、
時が流れて、切ない思い出になっていく。

そして、そんな数々の思い出自体が切ないのではなくて、
懐かしく思い出している自分に出会うことが、
なんだか寂しくて、すごく切ない。

それが「アオゾラペダル」の切なさ。



だけど、そんな遠ざかっていろいろな感情を捨ててしまう自分を
寂しく思いながら肯定する。

(もう一度、反転)

「きっと塗りすぎた色って白に戻れないけど
それでいい 新しい色で明日を描こう」




アオゾラペダルを聴くと、最後にあたたかい気持ちになる。



人は成長する。

思い出を持ちながら。

思い出は、経験の冷凍保存なんかじゃない。

それでも生きていく。

思い出を作りながら。

すこしずつ色を変えながら。

思い出の色も。

人生の色も。

すこしずつ変えながら。

スポンサーサイト

| trackback(0) | comment(0) |


<<僕らの勇気未満都市 | TOP | ごめん・・・(←笑)>>

comment











管理人のみ閲覧OK


trackback

trackback_url
http://stormsunshine.blog65.fc2.com/tb.php/134-b2d8ce87

| TOP |

profile

楓

Author:楓
2004年から嵐ファンの楓と申します。
北海道在住。
一応イチオシはニノですが、5人全員が好きです。
お友達募集中ー。お気軽にコメント、メール下さい!

counter

news entry

comments

category

mail

名前:
メール:
件名:
本文:

DRECOM

FC2ブログランキング

FC2 Blog Ranking

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ARASHI PEOPLE

trackbacks

search

RSS field

link

当ブログはリンク登録、ドリコム登録フリーです。 報告は任意で結構ですが、コメントなどで報告して頂けると、喜んで遊びに行かせて頂きます!

このブログをリンクに追加する

QR

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。